今日から始めるポケカ生活

【オーロット&ヨノワールGX】ハンデス型の超バレットデッキが強い件

デッキレシピ

こんにちは、かうひいです。

今回は、オーロット&ヨノワールGXを主軸とした超バレットデッキをご紹介いたします。相手の手札を枯らすことに特化しているタイプの超バレットデッキになります。最近急激に流行っている超ミュウミュウとの差別化や強みなど解説していきます。

超バレットとは?

そもそも、バレットデッキとは特定の相手に対して有効な手段で戦うというデッキコンセプトです。主軸となる動きをするのではなく、環境に対して柔軟なメタを仕込んだデッキがバレットです。

その中でも超バレットは、カラマネロを主軸としてエネルギー供給をするデッキになります。超タイプは個性のあるポケモンが多く、変則的な戦い方が多いのが特徴です。今回は、相手の手札を枯らすことに特化したオーロット&ヨノワールGX軸の超バレットデッキに焦点を当ててデッキをご紹介します。

ではデッキレシピから。

デッキレシピ

このデッキのコンセプトは、マリィ + ナイトウォッチャー で相手の手札を減らしていき、無人発電所で完全に封じることが主な立ち回りになります。

序盤に勝負が決まるといっても過言ではないほど、マリィ + ナイトウォッチャーの立ち回りは強力です。 今回はデッキレシピのカードの枚数と採用理由を1枚ずつ解説します。

カード説明

ポケモン

オーロット&ヨノワールGX

オーロット&ヨノワールGX

このデッキのコンセプトとなる主要TAGチームポケモン。「ナイトウォッチャー」が非常に強力で、150点与えつつ、相手の手札を2枚減らすことができます。このワザで相手の事故を狙いつつ立ち回っていきます。150打点というのは現環境ではそれほど火力は高くはないですが、相手のTAGチームに対して2発で倒せるため最低限の火力は維持しています。

このポケモンの弱点は悪タイプであるため、現環境で非常に多いミュウツー&ミュウGXに対して一方的に弱点を突いて倒せます。

「ペイルムーンGX」も非常に強力で、無条件で相手のバトルポケモンをきぜつさせる可能性を持ちます。また、相手のバトル場のポケモンがきぜつした後のポケモンも倒せることができれば一気に逆転のチャンスを生むことができます。

このワザを使うのに注意したいのが相手のポケモンいれかえの枚数ですね。きちんと入れ替え札の枚数を把握して、的確な場面で打つことができればこの上ない強力なGXワザになりえます。

ゲンガー&ミミッキュGX

ゲンガー&ミミッキュGX

ワザ「ポルターガイスト」は2エネルギーで打つことができる貴重なワザです。現環境ではザシアンVの特性「ふとうのつるぎ」後に使うことにより不意に大ダメージを狙うことが可能です。

「ホラーハウスGX」は、実質先行と後攻を逆転する効果をもっており、カラマネロを育てる必要があるこのデッキでは、積極的に使っていきたいGXワザです。

メガミミロップ&プリンGX

メガミミロップ&プリンGX

メガミミロップ&プリンGXは主にピカチュウ&ゼクロムGX対策になります。このデッキではピカチュウ&ゼクロムGXに対して速度で完全に劣ってしまうため、メガミミロップ&プリンGXを採用しています。

ややピンポイント対策になりがちですが、ピカチュウ&ゼクロムGXデッキは現環境でそれほど猛威を振るっているため対策必須です。

ジラーチ

ジラーチ

ジラーチは3枚採用しています。4枚入れていた時期もありましたが、後半になって手札にかさむだけなので、3枚で十分だと思います。

マーイーカ、カラマネロ

エネルギー供給源であるマーイーカ、カラマネロは3枚ずつ採用しています。このデッキではアタッカーポケモンにエネルギーが3コつければよいため、イカラインは3枚ずつの採用となっています。

序盤でカラマネロ1体、中盤で2体目を立てる感じで十分です。

ギラティナ

ギラティナ

超バレットといえばこのポケモンといっても過言ではないと思います。特性「やぶれたとびら」でダメカンを1コ置くことにより、オーロット&ヨノワールGXの「ナイトウォッチャー」でデデンネGXが倒せたりします。この特性のダメージ調整は意外にも多いため重宝します。

フィオネ

フィオネ

このデッキでは相手のベンチを操作できるカードが「グレートキャッチャー」しかないため、活躍の場は広いです。ピッピ人形やタチフサグマ相手にも活用していきます。

ウッウV

ウッウV

相手のベンチを狙撃することができる無色ポケモンです。ワザ「くちばしキャッチ」も序盤で使うとおもいのほか強力なワザとなります。

デデンネGXを狙い撃ちにできるため重宝します。

グッズ

クイックボール

クイックボール

4枚必須カードです。カラマネロ以外の全てのポケモンをサーチできます。序盤はマーイーカやジラーチを置いておきたいです。

ミステリートレジャー

ミステリートレジャー

4枚必須です。イカラインやオーロット&ヨノワールGXを主にサーチします。

ポケモンいれかえ

ポケモンいれかえ

4枚必須です。このカードがあるかによって攻撃できるターンが変わってきます。現環境では色んなデッキで多投されているカードですね。

グレートキャッチャー

グレートキャッチャー

超バレットデッキの貴重な相手のベンチ干渉カードになります。ただ、相手のデッキタイプによっては腐ることも多く、V環境になるにつれてだんだんと必要性が薄くなっていくカードかもしれません。勇気のある方はポケモンキャッチャーを採用してみて下さい。

リセットスタンプ

リセットスタンプ

こちらも強力なハンデス効果をもっています。オーロット&ヨノワールGXと相性がよく、容易に相手の手札を0にすることも可能です。

ただ、博士の研究の仕様上、序盤に引いてしまった場合、かさばってしまうため、1枚の採用となっています。

エスケープボード

エスケープボード

ジラーチを逃がすための定番どうぐ。2枚あれば十分です。

ポケギア

ポケギア3.0

ポケギアは2枚採用しています。このデッキではドローサポートが博士の研究とマリィを採用していますが、中々引けないこともありました。そのためドローサポートの枚数を増やそうとしたのですが、強いドローサポートが見つからなかったため、ポケギアを採用しています。この採用のおかげで事故率は少しですが下がりました。

おおきなおまもり

大きなおまもり

基本的にオーロット&ヨノワールGXにつけることによりHPを実質300にします。三神ザシアンではガラルニャイキングを採用しているデッキが増えているなど、270ラインはかなり意識されています。HP270でも安心できないご時世のため、おおきなおまもりを採用しています。

ただ、アブソルの「シャドーシーカー」は、オーロット&ヨノワールGXに対して300打点を出せるため、このカードをつけていたとしても倒されてしまいます。

エネルギースピナー

エネルギースピナー

このデッキではトキワの森を採用していないためエネルギースピナーを採用しています。

ジラーチからエネルギーにタッチするための貴重な札です。

サポート

博士の研究

博士の研究(マグノリア博士)

単純にして超強力なサポートカード。超バレットのためにあるのではないかと錯覚してしまうくらい、強力です。落としたいエネルギーをトラッシュに置きつつ7枚ドローできるため弱い点がありません。6枚採用したいです。

マリィ

マリィ

博士の研究をごり押ししましたが、正直このカードの方がヤバイですね。何がヤバイのかといいますと、相手の手札をシャッフルではなくデッキの下に置くというところです。ポケモンカードは、だいたい次のターンのプランを考えて手札を整えておくのが定石ですがそれを崩しつつ、手札にあったカードを干渉させなくすることができます。

このカードのおかげでザシアンVとも対等に戦えるのではないでしょうか。オーロット&ヨノワールGXのナイトウォッチャーと組み合わせることによって相手の手札を2枚にすることができ、事故を誘うことが可能です。

マオ&スイレン

マオ&スイレン回復効果を持つ現環境では唯一無二のサポートカードです。このカードで耐久しつつ「ナイトウォッチャー」で手札を枯らしていけば、かなり有利に立ち回ることができます。

スタジアム

無人発電所

無人発電所

相手の手札を枯らした後、GXポケモンの特性を奪います。デデンネGXの特性をなくすことにより手札を再び増やさせないロックは相手にしてみれば厄介です。主な役割対象GXポケモンを記載します。

・ゼラオラGX
・デデンネGX
・ジラーチGX
・ケルディオGX
・ヒードランGX
・ミュウツー&ミュウGX
・アーゴヨン&アクジキングGX

などがいます。

デデンネGXだけでもほとんどのデッキで採用されているので、無人発電所はまだまだロック性能の高いカードです。

【ポケカ】愛知CLで大活躍!環境上位を占めた超ミュウミュウって?
こんにちは。 今回は、12/21に行われたチャンピョンズリーグ愛知で猛威を振るった超ミュウミュウのデッキについてご紹介いたします。 こちら愛知CLベスト8の構築になります。 ...

まとめ

いかがだったでしょうか。

オーロット&ヨノワールGXのハンデスは現環境で驚異的な存在であることは間違いありません。

ミュウツー&ミュウGXと違って対策されくく、使いやすいTAGポケモンかと思います。超ミュウミュウが流行っている中でオシャレにオロヨノデッキで攻めてみてはいかがでしょうか。

よかったらTwitterフォローしてください^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました